記事一覧

靴磨き

昨日、出がけに娘が私の革靴を磨いてくれました。
家でのお手伝いをもう少し頑張る、という目標で
自分でできそうなお手伝いメニューを増やしたのだそうです。

私は小学生の頃、父親の靴磨きをした記憶があまりありません。
父は外で泥だらけになる仕事でしたから、革靴を履いて出勤することはほとんどなかったのだと思います。

それでもたまに何かの会議で出かけるときがあって、
そんなとき、ネクタイを締め背広を着た父は、何だか違う人に見えました。でも、あまり立派な革靴は履いていなかった気がします。

成年後見研修

昨日は盛岡で、4回目の一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター入会前研修でした。

内容は、
・高齢者福祉の基礎
・障がい者福祉の基礎
・成年後見制度に関わる諸制度 でした。

テキストの内容に添った講義は今回で終了し、いよいよ来週は事例研究と最後に考査試験があります。
昨年の申請取次行政書士登録の考査試験で予想外の苦戦を強いられたため、最近、試験というものに対して少し自信をなくしています。やはり年齢のせいなのかな…。

今回の講義の中では、
親なき後の問題や高齢者虐待と成年後見制度について、いろいろと難しい問題があり、深く考えさせられました。

水利組合の意見書

おかげさまで、農地転用許可申請のご依頼が続き、忙しくしております。

某市の農業委員会に農地転用の許可申請に出向いたところ、
土地改良区の意見書は不要でしたが、地元の水利組合の意見書が必要であることが判明しました。


個人の方が組合長になっており、その方にたどり着くまでに、土地改良区などあちこちに電話して大変時間がかかりました。
譲渡人に聞けばすぐにわかりそうなものですが、その時は聞けない状況でしたので必死に調べました。
北上から簡単に行ける距離でもなかったので、何とかその日に解決したかったのです。結局、無理でしたけれど…。

田2反以上の面積の転用の場合、水利組合の役員会を開催してから
意見書を作成するとのことから、申請添付書類に想定外の日数が必要になりました。
同一市内でも農地の所在地によって取り巻く状況、必要書類が異なりますので、事前に農業委員会に相談に行くことが重要と思われます。

テナント物件のお問い合わせ

関東地域で、ある業種にお勤めの方から、北上での開業に向けて、
テナント物件を探してほしいとのご依頼をいただきました。

ある程度ご希望の地域があると同時に、用途地域内の建築物の
用途制限にも該当しそうなので、両方を考えながら探していく
必要があります。

ご希望に合う物件情報を提供できるよう頑張っていきます。

節電シール

今朝の岩手日報を読みましたが、
国民生活センターが「節電シールの勧誘に注意」と呼びかけ、
という内容でした。

「ブレーカーに貼るとマイナスイオン効果で電気代が安くなる」として1枚3~5万円という高額で購入を勧誘されるそうです。

人にシールを紹介すると販売元から報酬がもらえるなど、マルチ商法の仕組みと酷似しているとの指摘もあります。

怪しい儲け話には手を出さない、何かおかしいと感じたらお金を払う前に県や市町村の消費生活センターに相談することが肝要です。

判断力の弱った高齢の方には、特に注意が必要だと思います。
ご家族や周囲の方が、様子がおかしかったり、家の中に見慣れない物が増えたりしていたら、早めにご本人に確認することが重要かと思われます。

分譲マンション

関東地区にお住まいの方から、
今度仕事で北上に住むこととなったので分譲マンションを
探してほしいとのご依頼がありました。

残念ながら現在北上では売りに出ておらず、
花巻と盛岡の物件をご紹介いたしました。
盛岡の駅前物件であれば、北上への通勤も可能と思われました。

春先には北上でも売り物件はあったのですが、
こればっかりはタイミングが全てという感じがいたします。

父の日

きょうは父の日ということで、朝早く江刺の実家に行って来ました。前日に妻に買っておいてもらった靴下を持っていきました。喜んでもらえて良かったです。

ただ、帰り道にふと思ったのですが、1月に実父を亡くした妻に父の日のプレゼント購入を頼んだのは、ちょっとまずかったのかもしれません。

後から今日の予定を聞いたら、実家にお線香をあげに行ってくるとのこと。帰ってきたときに何と声をかけてあげたらいいか、少し考えています。

さて、実家に行った時のこと、以前と違って成年後見の研修を受講中ですので、目、耳、鼻をちょっと働かせてみました。
部屋が散らかっていないか、服装はどうか、お風呂に入っていそうか、変なにおいがしないか、冷蔵庫や台所の様子はどうか、急に高価な物が増えていないか、話がかみ合うか、などなど気にしてみましたが、どうやら今のところは大丈夫なようです。

定期的に実家に足を運ぶようにしないといけないと感じています。
まあ、年金の支給日に合わせて行ったのでは、あまりにあからさまですよね(笑)。親はいつまでも元気でいてくれると信じたいし、そう思い込みたい気持ちもありますが、顔を見に行くだけ、あるいは見せに行くだけで、最低限、お互いが安心するのかもしれません。

成年後見業務研修(2)

アップロードファイル 14-1.jpg

昨日は、成年後見業務研修の2回目を受講しました。
内容は、任意後見制度の基礎と実務などです。

講師から前回に続き、繰り返して言われたことは、
「この仕事は、ご本人の以後の人生を背負うことになる非常に責任の大きい仕事であり、その覚悟が持てない方は、この業務を始めてほしくない。」という内容で、かなり厳しいものでした。
気を引き締めて今後も受講していきたいと思います。

そういえば、昨日はチャグチャグ馬っこでしたね。
ちょうどお昼ご飯を食べに外へ出たら、行列が目の前を通って行きました。馬と子どもたちがとてもかわいかったです。

ご契約いただきました(2)

本日、アパート入居のご契約をいただきました。
若いカップルのお二人ですが、内覧の時から礼儀正しくしっかりした若者でした。

お仕事先の場所など検討されて、今回のアパートに決めていただきました。
賃料の割には、しっかりした構造の建物ですので、ご満足いただけると思います。
末永いお幸せをお祈りしております。

測量業者登録申請

あるお客様から、測量業者登録申請のお仕事をいただきました。
本業がお忙しく、ご自分で申請書類を作成する時間が確保できない
とのことです。

お客様にとっては、書類作成の難易度というよりは、
添付書類の準備も含めた作成の時間がとれない場合も多いようです。そういう場合にも、私にご用命いただければと思います。

測量業を営むに当たっては、個人、法人、元請、下請に関わらず、
測量法の定めるところにより測量業者の登録を受けなければ
なりません(測量法第55条)。

ここでいう測量業とは、「基本測量」、「公共測量」又は
「基本測量及び公共測量以外の測量」を請け負う営業をいいます。

なお、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県の
区域を所管する担当部局は、
仙台にある、東北地方整備局 建政部 計画・建設産業課になります。

そういえば、昔、測量士(補)を目指して勉強したことがありました。途中で挫折しましたけれど…。

農地転用許可申請

あるハウスメーカー様から、農地転用許可申請のお仕事をいただきました。

今回は、転用申請の内容というよりは、申請の期限から逆算して、
それに間に合うように必要な書類が揃うかどうかが少し気になるところです。

その点について、同業の先生方からアドバイスをいただき、感謝しております。

成年後見業務研修

本日から、7月5日までの毎週土曜日全5回、1日あたり7時間半の
成年後見業務研修が始まりました。
コスモスいわてへの入会前研修という位置づけです。

その間、1回たりとも欠席が認められず、各回とも遅刻、早退、携帯通話の離席などは一切不可で、最終日には効果測定があります。

本当に厳しい研修になりますが、それだけ高い倫理観と責任感を求められる重要な業務ということだと思います。

全ては、家族や親族のためでなく、ひたすらご本人の幸せのために、全力を傾注して業務に当たる必要があるとのことです。

高齢化が進む社会において、社会貢献として高い使命感を持って、困っている方のお力になれるよう、研修の最終日まで頑張っていきたいと思います。

被災者住宅再建支援制度

今日は、午後から盛岡で被災者住宅再建支援制度に関する研修会がありますので、出席します。

昨年8月より毎月第2土曜日に、陸前高田市、釜石市、山田町において、岩手県行政書士会主催の「なんでも相談会」が開催されておりますが、この制度についての相談が多くなっていることから、制度の知識を深め、より多くの会員が相談会の相談員に応募してほしいという趣旨のようです。

県環境保全課在職中、地価調査の業務を担当していたことから、沿岸被災地の地価動向には常に注意を払っていましたが、今後の被災者の方々の動向により地価が上昇する可能性は残ります。

公的制度による移転や住宅の自力再建など考え方は様々ですし、それにより被災地の暮らし、まちづくりなどに大きな影響を与えるものでありますが、立場は変わっても、被災者の方々のお困りごとを丁寧にお聴きし、何かお役に立てればと思っています。

ウォッシュレットの盲点?

※「週刊新潮」2014年5月22日号「重度『潔癖症』の人々におくる 間違いだらけの『雑菌知識』」特集より

公衆トイレの「温水洗浄便座」は、誰が使ったかわからないので、できれば使用したくないと思いますよね。
ところが、公衆トイレよりも一般家庭のトイレの「温水洗浄便座」の方が汚れているというデータがあるそうです。

「温水タンク内に溜められる水は、もともと塩素消毒された水道水です。それを、37度から38度に温めている。
すると、塩素は揮発し、なにより菌が繁殖するのに最適な温度になるとのことです。」

そして温水タンク内の細菌数は、使用頻度に反比例するそうです。
つまり使用回数が多いほど、新しい水道水がタンク内に入ってきて入れ替わるので細菌数が少ないということになります。

なぜこの記事が気になったかと言いますと、
しばらく借り手がなくて空室だったアパートでトイレがウォッシュレットだった場合、温水タンク内の水は交換できないため、もし凍結防止のためにブレーカーを落とさず電源が入ったままだと、タンク内の水道水をずっと使わずに温めて溜めている状態なので、ひょっとしたら危険かもと感じたわけです。

アパートや貸家にご入居して最初にすることは、とにかくウォッシュレットをたくさん使って、中の水道水を強制的に入れ替えさせることなのかもしれません。

地区民運動会2014

昨日は、地区民運動会でした。
市内もそうですが、多くの市町村で運動会が多かったのではないでしょうか。

我が地区の総合成績は第4位ということで、昨年の順位を維持できました。
上には上がいるわけですが、下から追い越されなかったのは、
地区の皆さんが頑張った成果だと思います。
今年は私と妻も各々1種目出場させていただきました。
新しい青年部長と体育部長さん、お疲れさまでした。

午後からは公民館で打ち上げでした。
いや~、明るいうちからのお酒は体に堪えます。
打ち上げの終盤は、Nさんのオンステージが繰り広げられました。
そのすさまじい光景に悪酔いし、先に失礼させていただきました。
二次会はHさん宅へなだれ込む予定が、行けなくてごめんなさい。
それでも結局、公民館に4時間いたので、とても疲れています。

そして昨日は不動産のお問い合わせが何件か入っていました。
きょう、こちらから留守にしていたお詫びのお電話を差し上げ、
改めてお話しをお伺いいたしました。

1周年です

昨年、6月1日に行政書士事務所を開業してからちょうど1年が経過しました。
同時に中学生向けの学習塾を開塾し、12月からは不動産業も始めています。

まだまだ安定した経営だと胸を張れる状況にはありませんが、
当初考えたような相乗効果で、ご来所いただけるお客様が増えてきて、
また、多くの行政書士の先生方、不動産業・建設業の事業者様がご支援くださって、
少しずつ顔と名前を覚えていただく機会は増えてきたように感じています。

これからも、地元密着、地域の方々のお役に立てるように、
そして、家族を養えるよう、努力していきたいと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。